Restroom と Toilet

f:id:kaigai_life:20190102213737j:image

 

あるときアメリカでトイレに行きたくなりました。

"Where is a toilet ? "と尋ねると、隣にいた人に「"toilet"は『便器』(をジェスチャーで伝えてもらう)っていうニュアンスだから、"restroom"とか"bathroom"って言った方がイイですよ」と教えていただきました。

確かに、アメリカではどこを歩いても"toilet"という表示は見かけず、みんな"restroom"と書いてありました。

調べると確かにそうらしく、「トイレ借りていいですか?」を"Can I borrow the toilet ?"と言うと「便器を借りて帰っていいですか?」という、とんでもない意味になるそうです。

正しくは"Can I use the restroom ? (個人宅であればbathroom)"と言うそうです。

ところが日本に帰ってくると、成田空港に堂々と"toilets"の文字が!これを英語のネイティブが見ると『あ、便器とか書いてあるよ(笑)』とか言って記念撮影したりするんでしょうか??

でも、よくよく思い出すと、他の多くの国でも"toilets"って書いてあったような気がします。色んな国がみんなで一斉に間違えるなんてことがあるのかなー?

という疑問を長い間抱いていたんですが、「ひょっとすると・・・」という期待を抱きつつ、いざイギリスへ。

 

そして、ロンドンのヒースロー空港に着いたら、"toilets"の文字が!

やはり、toiletsはイギリス英語だったんですね。

ところで今度は「イギリスでrestroomという単語が通じるだろうか?」ということが気になって、店でもレストランでも博物館でも、片っ端から"Where is a restroom ? "と尋ねてみました。

さすがに、やっぱりみんな分かるみたいです。「アメリカ英語はイギリスに浸透しているけど、逆はない!」と聞いていましたが、実感しました。

ちなみにインドの英語は(訛りが酷すぎて「インド英語」という独自の分野を確立していますが)イギリス英語が基本なので「toilets」と表記されている場所が多いです。

しかし”Restroom”と言っても通じます。香港でも同様でした。

これに対して、同じ旧イギリスの植民地でもミャンマーへ行ったときは、”Restroom”では通じず”toilet”と言わなければ通じないことが多かったです。

旧イギリスの植民地で今でも英語が現役の国ではRestroomが通じるのかな?と仮説を立てています。

タイでも”Restroom”より”toilet”の方が通りが良い印象でした。ちなみに中国の場合は”Restroom”も”toilets”も通じず、中国語で「洗手間」と言わなければ通じないことが多い印象でした。

 

日本はどうなのでしょうか?

日本国内で日本人に向かって”Restroom”という単語を使う機会はないのですが、外国人客の多い店舗であればRestroomでも通じるでしょうか。

Restroomとtoiletの違いについては、これから色んな国へ行って確認していきたいと思います。

※インドで路地裏へ行くと、タミル語表記だけでどっちが男性でどっちが女性だか分からないことが多いです。