海外での日本人との付き合い

海外に在住する日本人で構成される「日本人会」というものが世界各地にあります。チェンナイにも「チェンナイ日本人会」があります。 チェンナイ日本人会は、8月には夏祭り、12月には忘年会、1月には新年会、2月には運動会と、たくさんのイベントがあります。12月の忘年会では前年9月から当年8月(8月から7月?)に日本人会へ加入した人がチームで新人芸をすることになっています。
インド全体で日本人の数は9,000人だそうですが、そのうち5,000人はデリー・グルガオンにいて、チェンナイには約1000人います(外務省の海外在留邦人数調査統計・平成30年)。そのうち750人が日本人会に加入しているのですが、忘年会にはなんと500人が参加したそうです。デリー・グルガオンの日本人会などは規模が大きくなりすぎて全体の結束などは薄いそうですが、チェンナイはインドの日本人会の中でも極めて結束が強いとそうです。忘年会、夏祭りなどの実行委員会の人たちが日本食レストランに集まって打ち合わせをしているのをよく見かけます。文化祭の実行委員会のようなものです。
他にも、各サークル活動があります。サッカー、バスケ、マラソン、サイクリングなどのスポーツ関係のサークルが多いですが、写真部や合唱部などの文化部系の活動もあります。サークルは、日本人会の会員以外でも参加することができます。
かく言う私は日本人会に加入しているものの、イベントには全く参加しておらず、サークルにも参加していません。何故かと言うと、私がインドに来た目的と関係ない活動だからです。

私がインドに来た目的は
1. 学生の頃に旅行して強い印象に残ったインドのことをもっと深く知りたいため
2. インドのハードな環境に身を置いて英語力や問題解決能力を鍛えたいため
の2つです(どちらかと言うと、”1”が本音で”2”は人を説得するための建前ですが)。日本人会は日本人が集まって日本語で活動をするものなので、この活動に没頭すると私がインドに来た目的からズレてしまいます。平日夜や週末は、日本人で集まってワイワイやるよりもインド人の同僚にあちこち連れて行ってもらったり、旅行をしたり、会計や英語の勉強をしたり、ブログで発信したり・・・といったことに時間を充てたいというのが私の本音です。
チェンナイは日本人が暮らすにはハードシップが高い場所なので、日本人同士の情報交換が必要になるのは確かです。しかし今のところ、仕事や(妻の)習い事で知り合う日本人との情報交換、またはチェンナイ在住の方のブログなどの情報で生きていくのに必要な情報は得られます。本当に困ったときにはインド人の同僚などに助けを求めることもできます。いくら不便だと言ってもチェンナイは一応インドの5大都市の一つで、日本人も1000人近く住んでいる場所なので、日本人と関わらないと生きていけないという程酷い場所ではありません。
チェンナイ在住の人達のブログを読むと「忘年会の新人芸からは逃れられない」などと書かれているものもあります。会社の付き合いなどで日本人会へ参加しないと気まずくなる方もいるのかも知れませんが、幸いなことに今のところ私が生活している環境では日本人会への参加を強制されるようなことはないため、もし今年の年末に「新人芸に参加してください」というメールが来ても断りますし、もし断ったときにあーだこーだ言って来たら退会します。
このように私は今のところ日本人会の活動には顔を出していないのですが、誤解頂きたくないのは日本人会の活動を否定しているのではありません。誰もが私と同じ目的を持ってインドへ来たわけではなく、多くの方は会社の業務命令で強制的にインドへ駐在となった方々です。そのような方にとっては日本人との繋がりが息抜きやリフレッシュになるのではないかと思います。
しかし一方で懸念しているのが、「本当は日本人会の活動に参加したいわけではないが、断れないから行っている」という人が一定数いるのではないかということです。タイやベトナム現地採用の人と話をしたときに「日本人の面倒な付き合いから逃れたいと思って海外へ来たのに、海外の日本人付き合いの方がさらに面倒臭い」という話を聞いたことがありました。これは、語学留学で日本人とばかりつるんで語学力が全然伸びなかったということと同じです。
駐在員であれば色々と付き合いがあるのも仕方ないかも知れませんが、少なくとも自分の意思で海外へ来た現地採用の場合には、周りに流されずに当初の目標に向かってやりたいことをやって欲しいと思います。せっかく自分で決断して海外までやって来たのに周りに流される人生で終わってしまったら勿体ないと思います。
※クドいようですが、私が話題にしているのは「本当は他にやりたいことがあるのに、日本人付き合いに巻き込まれてしまった」という人のことで、たとえ現地採用であっても日本人会の活動が楽しくて息抜きになるという方はどんどん参加して頂けば良いと思います。日本人会の活動を本当に心から楽しんでいる方のことを否定するつもりは全くありません。

ちなみに、私がなぜ日本人会に加入しているのかというと、日本人会の会員はレストランなどで割引が受けられる(それだけで会費の元は十分に取れます)からです。チェンナイの生活に必要な情報は日本人会のホームページに記載がありますが、会員でなくても見れます。また、日本人会から台風などの緊急情報がメールで来ますが、それはチェンナイ領事館が発信している情報を転送しているもので、領事館に在住届をしていれば領事館から直接メールが来ます。従って、今のところレストランの割引以外に何も活用できていないのですが、他にも私がまだ知らないメリットがあるかも知れませんし、退会するつもりはありません。